※11 1足内反転率

本サイトで分析するローソク足は、直前10-1分足・直前1分足・直後1分足・直後11分足の4本だけです。
各ローソク足において、値幅方向と逆方向の逆跳幅が同方向の順跳幅よりも大きくなることがあります。
この現象を1足内反転と呼び、いわゆる「騙し」の発生頻度の目安として1足内反転率を求めています。

 


関連リンク

➡ 用語説明の目次に移動

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

※12 相対基準判断