本稿は、本サイト中の用語統一が目的です。
以下の青太字をクリックすると、本サイト内の該頁を表示します。

FX導入

FXをこれから始める人や始めて間もない人に、さっとFXの概要を述べます。

C01 外国為替取引(FX)で何を得るか:継続的に10~20%の年間運用益を上げ続けるスキル
C02  レバレッジ活用とFX上達イメージレバレッジ活用による時間短縮効果
C03  取引スタイル分類:資金管理と本サイトでの取引スタイル
C04  ポジションの注文と解消:ポジションの大きさや方向と各種注文方法
C05  ライン分析予約注文を活かすために

本サイト用語

本サイトは、経済指標発表前後の短期取引について紹介しています。その方法や取引内容を説明するために、いくつか本サイト固有の用語や方法を用いています。それらを以下に説明します。

C11  ローソク足各部の名称:全幅、値幅、跳幅、順跳幅、逆跳幅
C12  4本足チャート:直前10-1分足・直前1分足・直後1分足・直後11分足、窓なし・被りなしチャート表記
C13  判別式:事前差異判別式・事後差異判別式・実態差異判別式・複数の指標項目が発表される場合
C14  1足内反転率:順跳幅よりも逆跳幅が大きくなった頻度
C15  個別指標分析結論の取引方針表の見方

その他

本サイトに限らず、FXの共通用語ですが、本サイト内の用語統一を目的に纏めておきます。

C21  通貨ペア表記:通貨記号・通貨ペア・USDストレートとクロス通貨ペア
C22  pips:単位ポジションあたりの損益値幅の表記
C23  素直な反応:指標結果の良し悪しと同方向への反応が素直
C24  相対基準判断:同時発表事例の少ない指標間のチャートへの影響力強弱判定
C25  反応程度や方向一致率の大きさの表現
C26  D.I.を用いた指標算出

以上