本稿は、本サイト中の用語統一が目的です。
そして、本サイトでは経済指標発表前後の取引に必要な用語を固有に定義していることもあり、その説明を行います。

以下の青太字をクリックすると、リンク先に飛びます。


C0  外国為替取引(FX):FXの目的と目標
C1  レバレッジレバレッジ活用による取引時間の短縮効果
C2  ポジション:大きさと方向の表記
C3  通貨ペア表記:通貨記号・通貨ペア・USDストレートとクロス通貨ペア
C4  pips:単位ポジションあたりの損益値幅の表記
C5  ローソク足各部の名称:全幅、値幅、跳幅、順跳幅、逆跳幅
C6  4本足チャート:直前10-1分足・直前1分足・直後1分足・直後11分足、窓なし・被りなしチャート表記
C7  判別式:事前差異判別式・事後差異判別式・実態差異判別式・複数の指標項目が発表される場合
C8  注文方法:基本注文方法、IFD注文、OCO注文、IFDOCO(IFO)注文
C9  レンジとトレンド水平ライン・斜行ライン
C10  取引スタイル分類:スワップ・スイング・デイトレ・スキャル
C11  1足内反転率:順跳幅よりも逆跳幅が大きくなった頻度
C12  相対基準判断:同時発表事例の少ない指標間のチャートへの影響力強弱判定
C13  素直な反応:指標結果の良し悪しと同方向への反応が素直
C14  個別指標分析結論の取引方針表の見方
C15  反応程度や方向一致率の大きさの表現

以上