経済指標(以下「指標」と略記)発表前後のチャートは、その時々の市場環境よりも、指標そのものの影響を強く受ける期間があります。
その期間は意外に短いものの、他の時間帯よりもチャートが激しく動くので、取引を行う上でチャンスにもピンチにもなり得ます。
チャンスをピンチにしないために、激しいチャートの動きは目くらましで、個々の指標の影響持続期間内において経済・金融・為替の理論通りの方向に向かいがちなこと、を知っておきましょう。

大した話じゃなくて一読理解できることなのに、それを知らずに指標取引をするのも馬鹿げています。
但し、指標取引で短時間で効率よく稼ぎ続けるためには、指標発表前に予習が必要なことも確かです。
運に頼るのは論外だとして、展開が早いだけに臨機応変で勝ち続けるのは難しいのです。

以下の青太字をクリックすると、リンク先へと飛びます。

Ap.1 指標取引指標取引とはどういうものか・どうやって分析し取引するのか
Ap.2 分析方法そこそこの的中率が期待できる簡単・単純な指標取引分析手法
Ap.3 用語解説用語統一と本サイト固有用語の定義

以上