英国景気指標「PMI速報値」発表前後のGBPJPY反応分析

英国PMI※1」は、2019年11月集計分から速報値が発表されるようになりました。まだ発表事例が少なく分析精度が低いため、しばらくは改訂を繰り返す必要があります。

本指標は製造業PMIの良し悪しに極めて素直に反応することが特徴です。けれども、指標発表後1分もすると反応が伸び悩むため、それからは逆張りの機会を窺って小さく稼ぐ方が良いでしょう。

※1 PMIPurchasing Manager’s Indexの略で、一般的に「購買担当者指数」と訳される。本指標名は「IHS Markit / CIPS Flash UK PMI」。

Ⅰ. 指標要点
1.1  概要
発表機関
IHS Markit※2CIPS※3
発表日時
当月20日過ぎの17:30(冬時間18:30:現地時間09:30
発表内容
英国の製造業とサービス業の購買担当幹部の景況感を集計※4発表事例※5
反応傾向

  • 注目内容=「製造業PMI速報値」の対予想乖離
  • 反応方向=極めて素直(製造業PMI速報値の事後差異判別式の解の符号と直後1分足値幅方向の一致率94%
  • 反応程度=小さい(直後1分足値幅の過去平均値7.9pips
  • 伸長特性=発表後1分前後に逆張りの機会を窺う
補足説明

  • 2019年11月集計分から速報値が発表されるようになった
  • 他の指標との同時発表を気にしなくて良い(3.1項参照)

※2 IHS Markit社は、ロンドンに本社を置く金融情報サービス会社。同社は、G20政府の他、フォーチュン・グローバル500企業のうち80%・米国上位銀行50行のうち49行・世界上位自動車メーカー10社全て、を顧客とする。

※3 CIPS(Chartered Institute of Procurement & Supply:チャータード調達供給研究所)は、英国企業の購買部門とサプライチェーン管理部門の専門家による団体で、米国におけるISMに相当する。

※4 調査対象者は、製造業とサービス業の各々の約400社の購買担当役職者か役員。調査は毎月10日過ぎから25日頃まで行われ、集計は月後半とされる。速報値は80~90%の回答に基づく。

※5 下記出典は『「IHS Markit / CIPS Flash UK Composite PMI」, 23 September 2020.』の巻頭「Key data」を引用。 下図赤線の「Flash UK Composite Output Index(英国総合PMI速報値)」「Flash UK Services Business Activity Index(英国サービス業PMI速報値)」「Flash UK Manufacturing PMI(英国製造業PMI速報値」の値に注目。赤線は当方にて記入。

1.2  結論

次節以降のデータに基づき、本指標での過去傾向に基づく取引方針例を下表に示します。
もちろん、下表方針に限らず、データからどのような傾向を見出すかは自由です。

※6  本表の詳細説明はこちら


Ⅱ. 分析対象

対象指標は、

  • 製造業PMI速報値(以下「製造業PMI」と略記)
  • サービス業PMI速報値(以下「サービス業PMI」と略記)
  • 総合PMI速報値(以下「総合PMI」と略記)

の3指数で、対象期間は下表の通りです。

母数がまだ少ないため、以下の各分析の一致率等はまだ誤差が大きい、と考察されます。本稿はその点を踏まえて参考にして頂けると幸いです。

2.1  指標推移と統計値

対象期間における各指標推移を下図に示します。
図の配置は、製造業PMI(左)・サービス業PMI(右上)・総合PMI(右下)です。

※7 上グラフは分析データ開示のために載せており、本グラフを本指標発表毎に最新に更新していくことが本稿の目的ではない。発表結果統計値はグラフ記載範囲から計算。

上図赤線よりも左側は以前の月1回しか発表がなかった期間、赤線よりも右側は速報値が発表されるようになってからです(本稿の分析対象期間)。

2020年のコロナ禍による急落によって、サービス業PMI総合PMIのグラフは他の時期の市場予想や発表結果の上下関係が読み取れません。けれども、そんなことを気にする必要はありません。後記3.2項に示す通り、最も重要な指標発表直後の反応方向は製造業PMIの事後差異判別式の解の符号との一致率が高くサービス業PMI総合PMIとはそれほど高い一致率になっていないからです。

2.2  反応結果と統計値

対象期間における4本足チャート各始値基準ローソク足を下図に示します。
図の配置は、左から直前10-1分足・直前1分足・直後1分足・直後11分足の順で、指標発表前と後とで縦軸を揃えて示しています。

極端に大きな反応こそないものの、直前1分足が他の指標に比べて大きい点が特徴です。

次に、各ローソク足統計値を示します。

指標結果の良し悪しに最も素直に反応しがちな直後1分足値幅の過去平均値は7.9pipsで、反応程度は小さい指標です。

直後11分足の1足内反転率は25%に達しており、本指標への追撃はほどほどにした方が良さそうです。


Ⅲ. 指標分析

本節は、他の指標との同時発表等の実績から、本指標の分析範囲を更に絞りこみます。また、分析対象4指数の反応への影響度を求めます。

3.1  指標間影響力比較分析

対象期間に本指標と同時発表された指標と、影響力比較結果を下表に一覧します。

上表から、他の指標と同時発表が行われた実績がまだ少なく、あと数年は様子を見る必要があります

結論、他の指標との同時発表は、現時点で気にする必要がない、です。

3.2  項目間影響力分析

分析対象は製造業PMI、サービス業PMI、総合PMIでした。
それぞれの各判別式は定義通り、

事前差異判別式=市場予想ー前回改定値結果
事後差異判別式=発表結果ー市場予想
実態差異判別式=発表結果ー前回改定値結果

です。
このとき、各判別式の解の符号と対応ローソク足値幅方向の一致率を下表に纏めておきます。

製造業PMIの事後差異判別式の解の符号は、直後1分足値幅方向(跳ねた方向ではない)と94%の一致率です。そして、サービス業PMIの事後差異判別式の解の符号も、直後1分足と69%の一致率です。また、総合PMIは方向一致率は中間的な値となっています。

次に、全体判別式を次のように立式します。

  • 判別式=A✕製造業PMIの差違[%]+B✕サービス業PMIの差異[%]+C✕総合PMIの差異[%]
    但し、事前差異=市場予想ー前回改定値結果、事後差異=発表結果ー市場予想、実態差異=発表結果ー前回改定値結果

上式において、各判別式の係数と、各判別式の解の符号と対応ローソク足値幅方向の一致率を下表に纏めておきます。

※8  例えば、先に示した全体判別式の形式と上表から、本指標全体の事後差異判別式は、5✕製造業PMIの(発表結果ー市場予想)+1✕サービス業PMIの(発表結果ー市場予想)、となる。そして上表は、この式の解の符号と直後1分足が過去94%方向一致した、と読む。なお、この式で製造業PMIの(発表結果ー市場予想)が0だったとき、サービス業PMIの事後判別式の解の符号と直後1分足の一致率69%となる。

以上の通り各判別式の係数を決めれば、直前10-1分足と直後1分足の反応方向を説明しやすくなりました

なお、上表係数を用いた全体判別式の統計値を下表に整理しておきます。

上表の「全体」は全体判別式の解を表しています


Ⅳ. 反応分析

本節は、前節で求めた各判別式の解の符号や、先に形成されたローソク足方向が、狙いとするローソク足の方向と過去どれだけ一致したかを求めます。また、指標発表後に一方向に反応を伸ばしたか否かを調べています。

4.1  指標一致性分析

判別式の解と対応ローソク足値幅の代表的な関係を下図に示します。

上3図のドット分布は、どれも回帰分析で反応程度を予想するような分布ではありません。

次に、上図から方向の情報だけを取り出します。

方向の情報だけを取り出しても、先の3.2項で求めた関係以上に顕著な傾向は見出せません。そして、事後差異判別式の解の符号と直後11分足値幅方向は、56%まで下がっています。直後11分足との方向一致率は、実態差異判別式の解の符号とも63%しかありません。

さて、指標発表前に判別式の解がわかっているのは事前差異しかありません。そこで下図に、事前差異判別式の解の絶対値を階層化し、その階層毎に事前差異判別式の解の符号と各ローソク足の指標方向一致率を求めてみます。

結果、

  • 直前10-1分足の反応方向は、事前差異判別式の解の大きさが5.0以下(過去平均値以下)のとき、その解の符号と同じになりがち(場面発生頻度69%、期待的中率67%超)
  • 直後1分足の反応方向は、事前差異判別式の解の大きさが5.0以下(過去平均値以下)のとき、その解の符号と逆になりがち(場面発生頻度69%、期待的中率73%超)

です。

4.2  反応一致性分析

ローソク足値幅同士の代表的な関係を下図に示します。

上3図のドット分布は、どれも回帰分析で反応程度を予想するような分布ではありません。

次に、上図から方向の情報だけを取り出します。

まだデータが少ないためか、直前10-1分足は陰線率が高く、直後1分足は陽線率が高く、偏りが目立ちます。そして、直後1分足と直後11分足の方向一致率は63%しかなく、あまり高くありません。

さて、直前10-1分足は、指標発表前にローソク足が完成しており、それが大きいときにはその後のローソク足方向を示唆している可能性があります。そこで下図に、直前10-1分足値幅を階層化し、その階層毎に直前10-1分足と直前1分足・直後1分足・直後11分足の値幅方向の一致率を求めてみます。

結果、

  • 直後1分足の反応方向は、直前10-1分足値幅が4.8pips以下(過去平均値以下)のとき、それと逆になりがち(場面発生頻度75%、期待的中率67%超)

です。

4.3  伸長性分析

前項に示した通り、直後1分足と直後11分足の方向一致率は63%です。がしかし、直後1分足よりも直後11分足が反応を伸ばすか削るのかはわかっていません。

下図をご覧ください。

※9  先述の通り直後1分足と直後11分足の方向一致率は63%(不一致率37%)だったにも関わらず、上図での直後1分足と直後11分足の方向不一致率は38%となっている。これは分析方法の違いによって、途中の四捨五入の誤差が表出した。

直後1分足よりも直後11分足の順跳幅が同方向に伸びたことは50%、値幅が同方向に伸びたことは44%でした。この数字では追撃できないし、逆張りするにも不安です。

さて、指標発表後の反応が一方向に伸びるときには、最初の兆しは直後1分足順跳幅の大きさ(伸びの強さ)に現れる場合があります。そこで、直後1分足順跳幅を階層化し、階層毎に直後1分足よりも直後11分足が反応を伸ばしがちか否かを検証します。

結果、

  • 直後1分足順跳幅が19.3pips超(過去平均値の1.5倍超)に達したら直ちに追撃開始し、直後11分足順跳幅を狙う(場面発生頻度25%、期待的中率75%)
  • 直後1分足順跳幅が6.4pips超19.3pips以下のとき、直後1分足終値がついたら逆張りする(場面発生頻度44%、期待的中率73%)

です。

さて、2.2項で直後11分足順跳幅平均は16.2pipsでした。それなのに直後1分足順跳幅が19.3pips超のとき直ちに追撃開始しても、ほとんどpipsが稼げず、むしろ発表後1分を過ぎたら損切せざるを得なくなりかねません。
本指標発表後は、追撃より逆張りの機会を窺う方が良さそうです


Ⅴ. 取引成績

分析記事は不定期に見直しを行っており、過去の分析成績と取引成績を検証します。

まだ取引回数が少ないため、成績へのコメントは控えます。

※10 「分析成績」は、取引方針の反応方向についてのみ判定を行い、反応程度についての判定は行っていない。「分析適用率」と「分析的中率」は、都度の指標発表前に取引方針を開示していたときだけの成績を集計。「取引成績」は、指標発表直前・直後におけるスプレッド拡大、スリップ多発、注文不可などの影響を考慮してもなお、本稿取引方針が有効か否かを判断するため、実取引における分析適用時勝率。ここに挙げた実績は全て別サイトにて該日付もしくはその前日の投稿で事前に取引方針を開示。


関連リンク

➡ 英国指標の目次に移動

改訂履歴

初版(2020年10月11日)新規、2019年11月集計分から2020年9月集計分までの発表11事例を分析。
1.1版(2021年3月21日)2021年2月集計分までの発表16事例を分析。反応分析を1pips単位から0.1pips単位に変更。判別式を変更。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です