C11 ローソク足各部の名称

始値高値安値終値の説明は不要でしょう。また、始値と終値に挟まれた部分は実体部(胴体)と言われ、実体部の上下に伸びたヒゲをそれぞれ上ヒゲ下ヒゲと言います。けれども、実体部+上ヒゲが〇pips、と記すのが面倒です。

C11-1  名称定義:全幅・跳幅・順跳幅・逆跳幅・値幅
C11-2  定義図説


C11-1  名称定義

本サイトでは値幅跳幅全幅と名称を統一して使います。
それぞれ、

  • 値幅=始値と終値に挟まれた幅
  • 跳幅=始値と、ヒゲの先端に挟まれた幅
  • 順跳幅=始値と、実体部に同方向のヒゲの先端に挟まれた幅
  • 逆跳幅=実体部に逆方向のヒゲの長さ
  • 全幅=順跳幅+逆跳幅

と定義しています。
これで、値幅〇pips、順跳幅〇pips、とすっきり表記できます。

なお、跳幅という名称はネットで調べても相当する名称がなかったため、ここでの独自名称です。

C11-2  定義図説


関連リンク

➡ 用語説明の目次に移動
➡ 次は4本足チャートの話

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

C05 ライン分析

次の記事

C12 4本足チャート